宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)といえば、安定した国家資格に上げられることが多いですね。

ジャンルは不動産売買や賃貸の仲介にかかわるので、不動産業界の仕事に役立ちます。
就職でも転職でも宅建があるだけで一気に条件がよくなるので、手に職をつけやすくなりますね。

しかも受験の際の試験もマークシート方式。
業界的にもITなどと違って、過去の問題の変化系がほとんどというチャレンジのしやすさも特徴です。

きっちりと法律で決まっているからこそ、基本を学んで資格にしておくとつぶしが聞きますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました