ヴェノナ文書を知っていますか。
江崎道朗が書いた書籍で取り上げているヴェノナ文書ですが、アメリカで公文書として公表されています。

もちろん、これは一般の人も手続きさえすれば読むことができます。

 

それでは多くの人がヴェノナ文書を読んでいるのでしょうか。
ほとんど見る人はいません。
そのために、ヴェノナ文書の真偽が話題となってしまうのでしょう。

 

日本は誰と戦ったのか – コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ 【新書版】 – (ワニブックスPLUS新書)

新品価格
¥994から
(2019/3/24 19:13時点)

ただこういう陰謀論的な話ってすごく興味があるんですよね。

あなたは好きですか?