無料といっても1話だけど、dTVでは無料でチェックできる。
ネタバレまではいかないけど、ひととおりどんな感じかチェックするのもいいんじゃない?
dTVにはたくさんの番組チャンネルが用意されていますが、その数はもっと増えていきます。
いずれは地上波デジタル放送よりも充実したものになることでしょう。
大きな画面ではなく小さなスマートフォンで観るのはちょっと大変だと思う人もいるでしょうが、それは目的が違います。
大画面で迫力のある映画を見るニーズがなくなるわけではありません。
それぞれの目的に合わせて、見るハードウェアを変えればいいだけです。
放送の仕組みはすべて同じです。
現代でもdTVチャンネルはスマートフォンだけではなく、パソコンやインターネットに接続された液晶テレビでも観ることができます。
自分の生活の一部としてdTVチャンネルがあると考えればいいでしょう。
毎日の新聞を読むようにdTVチャンネルのニュースを見るのです。
活字と映像の違いはありますが、目的意識を持って観るならば、媒体の違いを気にする必要はないでしょう。
長年テレビ放送に慣れてきた世代にとってはスマートフォンでテレビを観ることには抵抗があるのかもしれませんが時代は変わっているのです。

※本作品の配信情報は2019/04/28時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については「dTVチャンネル」のアプリをご確認ください。