マーシーこと田代まさしが逮捕。
再逮捕の理由は、覚醒剤所持法違反だとか。

大丈夫そうだったのに。
なんというか、それだけ薬物の依存は強力ナンだろうなぁ。

批判と言うよりも、なんか良い方法はないんですかね。

 

 

【中古】 漢・方・治・療44の鉄則 山本巌先生に学ぶ病態と薬物の対応 /坂東正造(著者) 【中古】afb
【中古】 漢・方・治・療44の鉄則 山本巌先生に学ぶ病態と薬物の対応 /坂東正造(著者) 【中古】afb 2,695円(税込)【送料別】

ブックオフオンライン楽天市場店

坂東正造(著者)販売会社/発売会社:鍬谷書店発売年月日:2006/06/01JAN:9784901767194

薬物とセックス(新潮新書)【電子書籍】[ 溝口敦 ]
薬物とセックス(新潮新書)【電子書籍】[ 溝口敦 ] 792円(税込)【送料込】

楽天Kobo電子書籍ストア

<p>やめられない。とまらない。そして“破滅”がやってくる。清原和博、高知東生、押尾学、ASKA、酒井法子……スポーツ界や芸能界で頻発する「薬物」スキャンダル。彼らはなぜカップルで逮捕されるのか? 覚醒剤とコカインとのちがいは? 入手方法や価格は? 闇ビジネスや暴力団との関係は? 廃人はどう作られるか?……新聞、テレビが決して伝えない深層を、斯界の第一人者が詳しく解き明かす「薬物と性」の最前線。</p>画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このページからは注文できません。

2ページで理解する 標準薬物治療ファイル [ 日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会 ]
2ページで理解する 標準薬物治療ファイル [ 日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会 ] 2,750円(税込)【送料込】

楽天ブックス

日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会 南山堂ニページデリカイスルヒョウジュンヤクブツチリョウファイル ニホンアプライド セラピューティクスジッセンヤクブツチリョウガッカイ 発行年月:2019年08月08日 予約締切日:2019年07月08日 ページ数:145p サイズ:単行本 ISBN:9784525773434 循環器疾患/呼吸器疾患/消化器疾患/腎・泌尿器疾患/内分泌・代謝疾患/血液・免疫疾患/神経・精神疾患/骨・関節疾患/眼・耳鼻疾患/皮膚疾患〔ほか〕 ガイドラインに準拠して67疾患を整理! 本 医学・薬学・看護学・歯科学 臨床医学一般 治療・薬物療法

臨床薬物動態学(改訂第5版) 臨床薬理学・薬物療法の基礎として [ 加藤 隆一 ]
臨床薬物動態学(改訂第5版) 臨床薬理学・薬物療法の基礎として [ 加藤 隆一 ] 6,270円(税込)【送料込】

楽天ブックス

臨床薬理学・薬物療法の基礎として 加藤 隆一 家入 一郎 南江堂リンショウヤクブツドウタイガク カトウ リユウイチ イエイリ イチロウ 発行年月:2017年12月08日 予約締切日:2017年12月07日 ページ数:400p サイズ:単行本 ISBN:9784524257584 本 医学・薬学・看護学・歯科学 基礎医学 生理学

薬物依存症 (ちくま新書) [ 松本 俊彦 ]
薬物依存症 (ちくま新書) [ 松本 俊彦 ] 1,078円(税込)【送料込】

楽天ブックス

ちくま新書 松本 俊彦 筑摩書房ヤクブツイゾンショウ マツモト トシヒコ 発行年月:2018年09月05日 予約締切日:2018年07月20日 ページ数:352p サイズ:新書 ISBN:9784480071729 松本俊彦(マツモトトシヒコ) 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長兼薬物依存症治療センターセンター長。1993年、佐賀医科大学卒業。横浜市立大学医学部附属病院精神科助手などを経て、2004年に国立精神・神経センター(現国立精神・神経医療研究センター)精神保健研究所司法精神医学研究部室長に就任。以後、同研究所自殺予防総合対策センター副センター長などを歴任し、2015年より現職。日本アルコール・アディクション医学会理事、日本精神科救急学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 「薬物」と「依存症」(薬物依存症とはどのような病気なのか/いま問題になっている薬物)/第2部 よりよい治療・回復支援を求めて(刑罰や規制で薬物問題が解決できるのか/薬物依存症からの回復ー自助グループが発見したもの/精神科医療に求められるもの ほか)/第3部 孤立させない社会へ(人はなぜ薬物依存症になるのか/安心して「やめられない」といえる社会を目指して) 「意志が弱い」「怖い」「快楽主義者」「反社会的組織の人」…薬物依存症は、そういったステレオタイプな先入観とともに報道され、語られてきた。しかし、そのイメージは事実なのだろうか?本書は、薬物依存症にまつわる様々な誤解をとき、その真実に迫る。薬物問題は「ダメ。ゼッタイ。」や自己責任論では解決にならない。痛みを抱え孤立した「人」に向き合い、つながる機会を提供する治療・支援こそが必要なのだ。医療、そして社会はどのようにあるべきか?薬物依存症を通して探求し、提示する。 本 美容・暮らし・健康・料理 健康 家庭の医学 新書 美容・暮らし・健康・料理 新書 科学・医学・技術

楽天ウェブサービスセンター