コロナ禍時代のビジネスでみるべきこと

今回のコロナ騒動でわかったのは。
人だけ見ててもダメなんだ。ということ。

特にビジネスではそうですね。
売上を作るのは唯一、お客だけ!

まったくその通りですが、お客を変えたのは人ではありません。
ウイルスですよね。※あるものとして

そのウイルス、人間が考えて行動した通りに動いたでしょうか?
残念ながらコントロールできずに、経済はメチャクチャ。
飲食店はとてもわかりやすいですね。

まぁ自然界のものだとするならば、災害と同じでしかたない。
でも、その災害に対して適切な対応をしているか?

エラい人に言われるまま、テイクアウトに対応し、時短要請に応える。
でもそれで、状況は好転したでしょうか?

何かおかしい・・・

それでも優秀な店ならば、顧客へDMを送るなり、高単価のメニューで売上を上げることもできるでしょう。
でもそれは、どのくらい続くのでしょうか?

どちらにしても行き詰まるでしょう。
なぜなら、「自然な人」ではなく「悪意をもった人」に支配されているから。

お客さんという善人のフォーカスしても、決定権を持っているのは違う人たち。

つまり目の前の商売を見ているだけでは、まだまだ状況は悪くなります。
人だけでなく、人をコントロールしているしくみ。
その仕組みに目を向けない限り、まだ続くかもしれませんよ・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました