起業で失敗する例はあとを絶ちません。

ビジネスのアイデアもセミナーで受賞したり、資金も助成金を利用してしっかり確保したり。

それでも1年後には半分の会社が倒産しています。

 

事業を始めた時には失敗のリスクを抱えているはずですから、失敗した時のことを常に考えておくのです。
再起のための資金を確保して、失敗すればいいんですけど、なかなかできませんよね。

 

起業の失敗と成功は紙一重。すべては「運」と言い放つ大企業の経営者もいますしね。

そう考えると失敗して落胆するのではなく、次へのチャンスと見ることができれば、それがエネルギーとなるのでしょう。

 

事業を始める時に失敗のリスクがあるとしても、リスクを恐れずにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

ただリスクが大きくなりすぎないように、最悪の状況をシミュレーションする必要はあるでしょうね。