コロナウイルスは天災と同じ扱いです。外出規制によって自宅待機になったとしても企業が社員に対して全額の休業補償する必要はないのです。

ただ、法律だけを盾にとって社員を見捨てるようなことをすると、コロナウイルスが終息した後の再建が難しくなります。

そのため、少額ではあっても余計に休業補償をする企業が多くあります。
もちろん、企業も売り上げが激減していますから、その余裕がないはずです。

大企業であれば無条件に休業補償しますが、中小企業では非常に厳しいのが現実です。
コロナウイルスは現時点では終息の見込みが明らかではありません。なので、長期にわたって休業補償はできない。

 

正社員でもこの状況。派遣社員になるとさらに厳しい状況になります。
派遣社員の休業補償は派遣先の企業ではなく、派遣元の企業が行わなければなりません。

コロナウイルスの影響で派遣先から休業するように言われた場合、派遣元は別の企業を紹介するか、休業補償をしっかり考えておいた方がいいでしょう。

労働基準法では平均賃金の60%を補償することが決められています。
コロナウイルスの影響は誰も予想していませんでしたし、単に法律だけで割り切れることでもない。

企業が休業補償をしないため、国が代わりの補償の仕組みを整えようとしています。
ただ、会社員一人一人に対する補償は難しいです。派遣社員になるとさらに厳しくなると想像できます。

 

野党からの指摘を受けて、政府としても派遣社員を含めた形で救済をすすめています。
しかし、すべての働き手を救済することはちょっと不できます。法律改正などくらいあれば違う結果になるでしょうが。

現代の日本社会ではすごくな働き方があり、一つの制度だけですべての人を救済できないことを念頭において、議論する必要があります。

一つの休業補償ではなく、収入を補填するための仕組みなどを活用することがポイントです。
コロナウイルスの対策として特例措置が設けられました。

特例措置により、生活福祉のための資金を柔軟に活用することができるのです。
これにより派遣社員を救済するのです。

 

これまでも派遣社員や契約社員に対する企業の姿勢が問題視されてきましたが、コロナウイルスの広がりにより、問題が大きくなりました。

現在でも正社員と派遣社員の差別が問題となっています。

 

収入や生活の安定を考えると、やっぱり性写真になっておくのは魅力ですね。