GOTOトラベルん詳細も二転三転と、大変なのが日本経済。

 

世界経済がコロナウイルスの影響を受けていることは間違いないです。この状況がいつまで続くのでしょうか。

日本だけではなく世界中で経済の停滞が余儀なくされており、根本的な対策は打てていません。

 

当然、経済的な支援を各国の政府は行っています。コロナウイルス感染が収まらない限り、施設やイベントには人は戻ってきません。

コロナウイルスのワクチンができて、治療に問題がなくなっただったとしてもそれから数可決は経済の停滞が続くと予想されます。

 

つまり、いつまで続くのかわからない状況は先が見えてから、半年後にようやく普通の生活ができるのです。

これまでは当たり前だと思っていた日常が、突然の感染拡大によって失われてしまいました。

中国だけに止めることができず、世界に拡大した新型コロナウイルスは今も猛威を振るっています。

ただ、過去の歴史を見れば、いずれ感染は収まり、人類はまた元の生活を取り戻すことができています。

 

それがいつになるかがわからないことで人は不安に感じしていること。
自分が感染すると、死を覚悟しなければならないと思っている人も多いはずです。

高齢者や病気を持っている人にとっては経済問題よりも医療崩壊が気になります。

治療を受けることで治る人ならいいのですが、世界全体で見ると死亡者数もどんどん増えています。

ワクチンや治療法が確立されるまでは根本的な治療法はなく、対処療法を施すしか手がないのです。

 

治るかどうかは本人の体力に委ねられているのです。
新型コロナウイルスのニュースは毎日流れており、1日でどれくらいの人が観戦したかをチェックしている人は多くあります。

そして、自分の体調もチェックしています。
感染予防をやっていても、それで十分という保証は何もないです。

 

不安な状況が続くと、人はストレスが溜まります。
唯一救いなのは、これが世界中で起きていることであり、人類共通の敵と戦っているという意識を持つことができる点。

世界的な紛争は影を潜め、共通の敵に対して協力する体制が整えられようとしています。

いずれは感染が止まりますが、その時に世界経済がどれだけの打撃を受けているでしょうか。
今は自分の足元を固めることが重要です。

 

アフターコロナの状況を考えると、中小企業は壊滅的なので大企業に正社員雇用を狙うに限ります。または1人社長のように家族経営の規模で地道にやるのがいいでしょうね。