ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


「健康」の記事一覧(2 / 22ページ目)

酸素濃度計

健康

コロナで肺炎の不安にある人の購入が増えているのが、パルスオキシメーター。

これは血液の中の酸素量をチェックできるんですね。
つまり肺の状態の目安になると。

 

本来は、高度の変化が激しい登山で利用されるグッズなもあったり。
なんにせよ、喘息持ちの人も体調チェックに使えるんですね。

体温も大切だけど、もっと肺炎に関係があるチェック法もあるんですね。


睡眠の質を上げる方法

健康

新型コロナ対策でも、免疫力を上げる確実な方法は睡眠。

でも仕事で遅くなるから、ついつい飲んでしまうから、見たいテレビがあるからといったことから夜遅くまで起きちゃうことってありますよね。

 

結果的に、早起きすることができない。この悪循環を繰り返している人多いでしょう。
これでは免疫力の前に、自分の能力を仕事で発揮することは難しいかも。

 

早寝早起きすることで、質の良い睡眠をとることができるようになります。
長い間夜遅く寝て朝ギリギリに起きるといった生活習慣になっていると、とてももったいないです。

 

なぜなら、たまに早く寝ることができる日があっても、もったいなく感じて無意味に起きていたり。

最近だとコロナの影響で自宅勤務だったり生活のリズムが崩れちゃったり。

 

緊急事態宣言なんて噂もあるくらいですから、毛しばらくはしっかりと体調管理をしておく必要がありそうですね。

 

食後 激しい睡魔 要注意

健康

食後の激しい睡は要注意!なんてニュースがあがってる。
「低血糖症」って紹介されてるけどいわゆる血糖値スパイク(グルコーススパイク)だよね。

有名な低血糖症であり、糖尿病の初期症状。

 

でも不思議だよね。

食べたら低血糖になる。
今までは食べないと低血糖になると思われてたけど、靱帯のメカニズムは違ってた。

インスリンが大量の分泌されて血糖値が一気に下がっちゃう。
つまり食べものの問題ともいえる。

 

ランチ後に眠くなる人は、食事を見直すと良さそうですね。

【血糖値スパイク(グルコーススパイク)】

 

脳梗塞 前兆

健康

新型コロナウイルスの感染予防のため、外出を控えることもおおいはず。
テレワークなんかも話題で、自宅で仕事できるのはいいですよね。

でもちょっと気をつけたいのが、運動不足による脳梗塞です。
全身の血流は菌にを使って行っています。

 

でも一日中座ったままだと、血液の循環も悪くなります。

新型コロナで引きこもり。危険なのは運動不足というぼんやりとした症状ではなく、血液の循環が悪くなると病気の原因になるということですね。

 

重度の脳梗塞の場合は治療が間に合ったとしても重い後遺症が残ることになります。
体の半身が動かなくなるケースが少なくありません。
典型的な脳梗塞の兆候を紹介しましょう。

顔面や手足のまひやしびれ、失語症、声が出ない、半身の感覚がなくなる、文字が書けない、めまい、ふらつきなどがあります。

自分でわかる場合もありますし、人が気付くこともあります。
自分では何をやっているのか変わらなくなったりします。

脳梗塞は脳の働きが悪くなっているのですから、正常な行動ができなくなります。

 

こうなってからでは遅いです。
なんて脅かしてみますが、自宅にいるときでも体を意識的に動かすようにしたいですね。

 



SEO対策テンプレート


ページの先頭へ